竹富島のかき氷店パーラーぱいぬ島のアクセス情報!

竹富島のかき氷店パーラーぱいぬ島

沖縄県八重山諸島にある竹富島には大人気のかき氷店があります。

そのお店は「パーラーぱいぬ島」というお店なのですが、コチラのお店のアクセス方法やお店の情報を紹介していきますので、竹富島に行く予定のある方はご覧になってくださいね。



パーラーぱいぬ島のアクセス情報

竹富島の人気かき氷店「パーラーぱいぬ島」のアクセス情報などをお伝えしておきますね。

 

とは言うものの、竹富島は石垣島からのみ行ける小さい島ですので、島についてしまえば迷うことはないですよ。

文章で書くよりも表でまとめた方がわかりやすいと思うので、まとめてみました。

 

パーラーぱいぬ島の基本情報
住所:沖縄県八重山郡竹富町字竹富417
交通手段:水牛車観光から徒歩1分
営業時間:10:00~17:30
定休日:日曜・祝日・不定休
>>竹富島のホテル情報はコチラ

 

パーラーぱいぬのおすすめ味

時期によってメニューの数は違うようなのですが、10種類以上の味があります。

てんこ盛りという表現がぴったりな氷に対して贅沢にシロップをかけ、とても食べごたえのあるかき氷となっていますよ。

 

どの味も人気が高いのですが、おすすめ味はマンゴーの人が多いかなと言う印象です。
ですが、どの味も人気ですので、いろんな方の口コミを参考にしてみるのもいいかもしれませんね。

>>パーラーぱいぬ島の口コミはコチラ:食べログ

 

料金は400~500円となっていて、100円でミルクトッピングできます。

ちなみにアイスも8種類前後ありますので、かき氷のキーンとする感じが苦手な方はアイスがいいかもしれませんね。

 

ぱいぬの意味とは?

お店の名前になっているパーラーぱいぬ島ですが、この『ぱいぬ』というのはどういった意味なのでしょうか。

パーラーというのはお店に良く使われていますし、お客さんをもてなすことを目的とした施設だと聞いたことがありますが、ぱいぬはおそらく方言の一つだと思います。

 

そこで、『ぱいぬ』という意味を調べてみたところ、『ぱい』は「みなみ」という琉球言葉で『ぬ』は助詞の「の」という意味のようです。
そう言われてみると「島人ぬ宝」という歌もありますもんね。

 

つまり『ぱいぬ島』は「みなみの島」という意味なのですね。

 

ちなみに、新石垣空港は別名『ぱいぬ島空港』とも呼ばれているそうです。
勉強になりました。

 

まとめ

パーラーぱいぬ島は竹富島にある人気のかき氷店です。
竹富島は小さな島ですので、迷うことなくお店を見つけることができるはずですよ。

人気店のかき氷をぜひ味わってみてください。

 

島には人気店がたくさんある

今回は竹富島にあるかき氷店を紹介しましたが、沖縄の諸島にはそのお店ならではの人気店がたくさんありますよ。

この「旅に遊ぶ」でもいくつか紹介してきましたが、宮古島のリッコジェラートなんかもおすすめですので、ぜひ情報を集めてください。
宮古島リッコジェラートのこだわりとは?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP