国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?

国内線は何分前に到着する?

国内線の飛行機を利用するときは何分前に空港に到着しておくのがいいのでしょうか。

普通の人は年に何回も飛行機に乗るものではないですし、不安に感じることだと思いますので、ここで確認しておきましょう。


国内線は何分前に空港につく必要があるの?

国内線の飛行機に乗るときはチェックイン手続きが20分前、保安検査場が15分前に通過するというのがギリギリのラインですので、これよりも前には到着しておく必要があります。

 

ですが、実際はこの時刻よりも早くついておくべきですね。
ここで紹介したのはANAやJALなどの大手航空会社の場合ですし、格安航空機のLCCでは30前には締め切ります。

日時によっては大手でも早く締め切る場合もあるので、もっと早く到着しておくのがいいですよ。

 

一般的には出発の1時間前までには空港に到着しています。
ですので、心配なら出発1時間前までに空港に着いているようにしましょう。

ちなみに、全体の70%ほどが1時間前には空港についているという統計が出ていますよ。

 

旅行や仕事で飛行機に慣れている人やVIPの場合はもう少し出発時間に近い時間に行くのもいいかもしれませんが、久しぶりの飛行機なら1時間前に行くのがベストです。

国内線で空港に到着して搭乗までの手続きって何があるの?

空港に到着してから搭乗までの手続きの流れはチェックインをして、荷物を預け、保安検査を通り、搭乗するというのがだいたいの流れです。

 

文字だけ見るとたったこれだけのように見えますが、人によってはこれ以外にも時間のかかることがあったりするのですよ。
例えば、友達と待ち合わせて手続きをする場合は、電車が遅延することもあるかもしれませんし、羽田空港のように大きな空港の場合は移動に時間がかかったり、搭乗口がどこか迷うこともあるかもしれません。
チェックインはWEBで済ますこともできますし、荷物を預けたり、保安検査は待ち時間はありますが、すぐに終わります。

 

時間がかかるのはこういった手続き以外のことだと思うので、余裕を持って行動するようにしましょう。
乗り遅れたりしたら、面倒ですからね。

 

早く着いて時間を持て余すくらいが飛行機の場合はちょうどいいかもしれませんよ。

まとめ

国内線では出発の1時間前を目安に空港に到着することをおすすめします。

手続き自体はそんなに時間のかかるものではありませんが、待ち合わせや大きな空港を利用する方は1時間前に到着すれば余裕を持って搭乗することができますよ。
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP