タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?

タクシーとハイヤーの違い

人から聞いたけど、すぐに忘れてしまうことってありますよね。

例えば、タクシーとハイヤーの違いなんてすぐ忘れてしまいます。

「スピードの違いでしょ?ハイヤーの方がはやーい」みたいな寒いボケしか浮かばないあなたと私のためにタクシーとハイヤーの違いを調べました。



タクシーとハイヤーの違いは?

タクシーとハイヤーの違いは
タクシーはメーターがついていて時間と距離で料金が発生するもの、ハイヤーは時間で貸し切って料金が発声するもの、というのが大きな違いになります。

 

イメージとしてはハイヤーの方が高級な感じがしますよね。

 

マスコミ関係の移動だったり、料亭から出てくるお偉いさんとかが利用していたりしますし。

 

確かに料金はハイヤーの方が高いのですが、それはハイヤーは利用するのに手順が必要になるからです。

 

ハイヤーは一般的に事前に契約をする必要があるものが多く、個人で利用する場合などは審査が必要になります。

 

他にも保証料だったりが必要になり、ハイヤーに高級なイメージがあるのは間違っていないのですね。

 

流しのタクシーはあっても流しのハイヤーはありませんので、街中でハイヤーを見つけたからといって手を挙げても止まってくれませんよ。

タクシーとハイヤーの料金の違い

タクシーとハイヤーの違いはそのまま料金の違いにも影響しています。

 

簡単に言えばタクシーは安く、ハイヤーは高いです。

 

料金は地域や距離、営業時間などによって変わってきますので、状況によりますが、タクシーよりも倍以上の値段がハイヤーにはかかります。

 

ネットに一つの例が挙げられていたのですが、例えば東京駅から成田空港まで利用した場合、タクシーだとメーター料金と高速代でだいたい25,000円くらい。

 

一方のハイヤーだとハイヤーが車庫に戻るまでの時間と距離と高速代を支払う必要があります。

 

タクシーでは自分が乗っていた分だけ払えばいいですが、ハイヤーの場合は運転手の分も支払うということですね。

 

この分が料金の違いに大きな影響を与えているのです。

ハイヤーが安くなるアプリがある?

そんなハイヤーですが、一度は乗ってみたいものですよね。

 

実はハイヤーに安く乗ることができるアプリがあると聞き、そのことについても調べてみました。

そのアプリというのは「Uber(ウーバー)」というアプリです。

 

Uberは数分で送迎車が迎えに来てくれるので、予約やタクシー乗り場に並ぶ必要もありません。

 

送迎車はリーズナブルなものから高級車まであり、ちょっとした贅沢を味わうことができます。

 

ちなみに、誰かから紹介されると2000円分のクーポンがもらえるので、それを利用すれば安く乗れるみたいです。

 

レビューにクーポンのコードを載せている方がいるので、周りに利用者がいなかったらそういったのを利用するのがいいでしょう。

 

海外で多く利用されているアプリなので日本では東京でのみ利用できるみたいなのですが、レビュー評価は4.3で80%以上の方が満足しているので、試してみる価値はありますよ。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP