ラオスフェスティバルおすすめの食べ物はコレだ!2016の日程や時間は?

ラオスフェスティバル

日本とラオスとの友好親善をはかることで、人と人とのつながりを広めて深め、相互の発展につなげていくきっかけとなっているラオスフェスティバル。

2007年から続くこのイベントはどのように楽しめばいいのかや今年の日程はどうなっているのかなどを書いていきますので、ご覧あれ!




ラオスフェスティバルのおすすめの食べ物は?

ラオスフェスティバル、略してラオフェスの楽しみ方はいくつかありますが、やはり一番の魅力は食べ物ですね。

 

ラオス料理や飲み物などは普段なかなか味わうことができませんし、ましてやラオス料理を食べに東南アジアツアーに行くわけにも行きませんからね。笑

 

こういったラオフェスのような機会をうまく利用してラオスの食文化に触れてみましょうね。

 

さて、じゃあラオス料理でおすすめなのはどんな料理なの?
ラオス料理で有名なメニューってなに?と聞かれたらこう答えます。

 

特にありません!笑

 

いや、そうなんですよ。ラオス料理ってまぁ東南アジア系にはなるんですが、パクチーを代表するように香草を使った料理などがメインになるのですが、「THE ラオス」という料理はないんですよね。(^^;

 

突然どうでもいいですが、「ガパオライス」って「ラオス」の3文字が入っているんですね!Σ(・□・

 

・・・、ラオスを代表するような有名な料理はないのですが、名物ビールの「ビアラオ」はおすすめできます。

 

かなり軽めのビールでビールが苦手な人でもグイッといけますね。

 

特に暑い日なんかは最高に気持ちいいですよ。

 

まるで福山雅治になったかのような気分でビールのCM撮影ができるんじゃないでしょうか。笑

 

ラオフェスの魅力は食べ物以外にもラオスゆかりのアーティストによる演奏やラオス語講座、ラオスに関わる国際貢献活動の紹介など、さまざまなコンテンツが用意されています。

 

普段あまりなじみのないラオスのことを知るいいきっかけにしてくださいね。

 

YouTubeに2015年のラオフェスの様子がありましたので、ご覧ください。

ラオスってどんな国?

ラオスなんて国を聞いたことがないあなたのために世界遺産検定3級、地理の偏差値75オーバーの私が昔取った杵柄ですが、簡単に紹介していきたいと思います(`・ω・´)

ラオスは~、その~東南アジアの国の一つで、、、

そんな大きな国ではなく~、その~、そう!メコン川が流れています!

メコン川のように広い心で穏やかな人と大自然があるのですよー。(;´・ω・)

ラオスに対する知識がゼロだったので調べたところ、やはりラオスは東南アジアの中ではインドネシアやタイのように目立ったものは少ないようです。

 

ですが、首都のヴィエンチャンは活気に満ちていて、古都ルアンパバーンは秘境と呼ばれるにふさわしい大自然があります。

 

また、バンビエンは壮大な山に囲まれたバックパッカーの聖地で世界中の旅人から愛されている場所なんだそうですよ。

 

昔ながらの生活とこれから発展していく自然と共存している国なのですね。

 

私のイメージした通りの国でしたね(´ー`)笑

 

ラオフェスに行ってここでは紹介しきれなかったラオスの魅力を感じてみるのもいいかもしれませんよ。

ラオスフェスティバル2016の日程は?

ラオフェスは毎年5月頃行われているのですが、2016年の日程が決定していますので紹介しておきますね。

 

ラオスフェスティバル2016は例年通り2日間開催され、5月28日(土)・29日(日)となっています。

 

開催時間は10:00~19:00までとなっていて、場所は代々木公園イベント広場となっています。

 

入場無料で雨天決行となっていますので、前もって予定も立てやすいですね。

 

会場までのアクセスですが、代々木公園のイベント広場ですから、JR山手線なら「渋谷駅」ハチ公口から歩いて15分、「原宿駅」なら歩いて10分かからないで着きますね。

 

他の交通機関だと地下鉄千代田線「明治神宮駅」と「代々木公園駅」が約5分、小田急線「代々木八幡駅」が10分くらいで着くでしょう。

 

ちなみに、住所は東京都渋谷区代々木神園町2-1です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
少しはラオフェスに興味は持ってを持っていただけたでしょうか。

普段とは違った世界を代々木で味わうことができますから、こういった機会をぜひ活用してみてくださいね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP