いたばし花火大会を船から観よう!おすすめ鑑賞場所と有料席情報も!

いたばし花火大会

いたばし花火大会を船から鑑賞してみるのはいかがでしょうか?

荒川の川の上から見上げる花火大会は他では味わえない体験ですし、毎年行っている花火大会とは違って大人な雰囲気を味わうことができますよ。

ここではそんな贅沢な時間を過ごしてみたい方に向けたいたばし花火大会を船で鑑賞するプランについて紹介していきます。




いたばし花火大会を船で鑑賞するプラン

いたばし花火大会では船に乗って花火を観賞するプランがあります。

 

ここではそんな船で花火を鑑賞することができる2つのプランを紹介していきますね。(今後廃止される可能性もあります。)

屋形船 濱田屋

東京の堀切から屋形船に乗って花火を眺めることができる粋なプラン。

 

夏ならでは食材を使った会席料理に加えて、特選のオードブルが楽しめます。
少人数でも楽しむことができますが、大勢でワイワイ楽しむこともできるのでデートにも宴会にも利用できますよ。

 

・料金(目安)…濱田屋特選会席コース(飲み放題付き)23,760円/大人1名
・場所…足立区柳原1-14-5
・電話番号…03-3881-2314
・アクセス…東武伊勢崎線堀切駅より徒歩3分
/北千住駅東口より送迎バスあり
>>屋形船 濱田屋の詳細はコチラ

 

ぽけかる倶楽部

船の上から見上げるように花火を観賞することができ、人形町今半の特製花火弁当が付くプランが人気です。

 

会場と乗船場所が離れているので込み合う心配がなく、始まる前から終わった後までゆったりと過ごすことができますよ。

 

・料金(目安)…14,800円/1名(6歳以上参加可)
・場所…足立区千住橋戸町千住大橋北詰大橋公園内入舟乗船場
・電話番号…03-5662-7072(ぽけかる倶楽部)
・アクセス…京成線千住大橋駅より徒歩2分

>>ぽけかる倶楽部で詳しく検索

 

花火大会中クルージングしている船がありますが、いつもうらやましく思いますよね。

 

ごはんを食べて、お酒を飲んで、限られた人たちとワイワイしながら花火大会を観賞する。なんて贅沢なんだと!

 

今年はそんな人たちにあなたがなってみてはいかがでしょうか。

 

いたばし花火大会の無料鑑賞場所

いたばし花火大会は荒川の河川敷で行われるので、無料観覧席でも十分楽しむことができます。

 

普段は野球場になっている場所が解放されているので、そこから鑑賞するのもいいですね。

 

浮間舟渡駅から会場に向かう方はこちらがいいでしょう。

 

もし、高島平方面から会場に向かう方は芝生広場や野草広場がおすすめです。

 

芝生広場は打ち上げ会場が近くて迫力がありますし、野草広場は一般席とも混み合わない穴場スポットで、帰る時も帰宅ラッシュを避けてサッと帰れますよ。

 

また、いたばし花火大会は戸田橋花火大会と合同で行われているので、反対岸に行ってそこから観賞するのもいいかもしれませんね。

 

反対岸の場合も有料席と無料観覧スペースとにわかれています。
無料で観られる方は戸田競艇場付近まで行ってみるのもいいかもしれませんよ。

 

いたばし花火大会の有料席情報

いたばし花火大会当日にゆっくり鑑賞したい方は前もって有料席を購入しておくのがいいでしょう。

 

有料席なら混雑や場所取り争いを避けられますからね。金額以上のメリットを感じることができますよ。

 

それにいたばし花火大会の場合は目の前が打ち上げ場所になりますから、迫力満点ですよ!

花火大会デートを有料席で観るメリットとチケット購入方法&中止の対処法

 

いたばし花火大会には電車を利用して向かわれる方が多いですが、都営三田線西台駅を利用される方が会場に近いために最も多いです。

 

混雑を避けるためにも高島平駅や蓮根駅から向かうルートも下調べしておくと当日迂回ルートを使って会場までたどり着くことができますよ。

 

まとめ

いたばし花火大会は荒川の河川敷で行われるので、屋形船に乗って楽しむという方法もいい手段だと思います。

 

普段とは違った花火大会の楽しみ方をしたい方はぜひ参考にしてください。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP