八景島花火シンフォニアの時間は?混雑状況と穴場スポットを紹介!

横浜・八景島シーパラダイス花火シンフォニア

横浜・八景島シーパラダイスの花火シンフォニアは光と音楽が共演する幻想的なショーを展開しています。

あまり注目はされていないのですが、実は10代・20代前半カップルのデートスポットとしてはかなりおすすめです。

花火シンフォニアの開催時間や混雑状況、穴場スポットまで紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。



八景島シーパラダイス花火シンフォニアの開催時間

花火シンフォニアは7月に2日間、8月に1週間程度開催される小規模な花火大会です。

 

開催時期は2015年は7月18日・19日、8月8日~16日となっていましたので、2016年もこのあたりの時期だと思っていただければ問題ありません。

 

詳しくはシーパラダイスのホームページを確認するのがいいかもしれませんね。

 

花火シンフォニアは毎年20:00~20:40の10分間しか行われませんが、変わり種の花火が登場したり、10分間でも満足感があります。

 

雨が降ってしまったら中止となりますので、天候だけは前もって確認しておくといいかもしれませんね。

 

横浜・八景島シーパラダイス花火シンフォニアの基本情報
住所:神奈川県横浜市金沢区八景島
電話:045-788-8888
打ち上げ数:約2,500発
八景島シーパラダイス公式ホームページはコチラ

 

花火シンフォニアの混雑状況は?

花火シンフォニアの混雑状況ですが、夏休みですしテーマパーク内で行われるのである程度混雑はしますが、合計で10日間近く開催されるので、他の花火大会と比べると空いていると言えます。

 

花火シンフォニアの来場者数は一日あたり5万人程度ですし、鑑賞場所もいくつもありますので混雑は避けられ、割とゆったりと見ることができます。

 

休日よりも平日の方が若干人数が減るので日時を選べるのなら平日がおすすめです。

 

また、アクセスについてですが、八景島シーパラダイスはパーキング(4000台)があり1日1200円で駐車できます。

 

車で行くのも悪くはないですが、混雑状況を考えると公共交通機関を利用した方が賢明かもしれません。

 

電車を利用する場合はJR根岸線ほかの新杉田駅、または、京浜急行線金沢八景駅から金沢シーサイドライン乗り換え八景島駅となります。

 

金沢シーサイドラインを使えば八景島駅を降りてすぐですので、電車の場合はこちらがおすすめかもしれませんね。

 

花火シンフォニアの穴場スポットは?

花火シンフォニアの穴場スポットを2つほど紹介しておきますね。

 

1つ目は海のバーベキュー「焼屋」で鑑賞する方法です。

 

こちらですはバーベキューをしながら花火を楽しめるチケットとなっており、新鮮な海の幸を食べながら花火を鑑賞できます。

 

花火の開催時間が20:30分なので、夜ご飯を食べるのもここで済ますことができて一石二鳥なところがあります。

 

ちなみに、こちらは公式ホームページから申し込みをする必要があるので、事前に申し込み方法を確認しておきましょう。

 

もう1つの穴場スポットは花火観覧クルージングです。

 

こちらは船の上でゆったりと花火を観賞することができる豪華なクルージングとなっています。

 

花火が打ち上がる場所がクルージングの行路の近くになるので、目の前で花火が打ち上がる様子を観賞することができますよ。

 

目の前に遮るものがないので、それは見事な花火鑑賞となりますね。

 

こちらの花火観覧クルージングは当日の先着順となっているので、乗りたいと思っている方は早めに集合場所に向かいましょう。

 

クルージングは島内の八景島客船ターミナルとなります。
フリーフォールの近くにある場所ですね。

 

前もって場所を確認しておくとスムーズかもしれませんよ。

まとめ

花火シンフォニアは開催時間が短く開催期間も長いので、あまり混雑することなく花火大会を楽しむことができます。

 

どこの花火大会を観るかではなく誰と観に行くかを重視されている方は存分に楽しめます。

特に若いカップルは水族館やアトラクションもありますから、一日中遊びつくすことができますよ。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP