仙台七夕祭り2016の日程は?起源を知ってその魅力を満喫しよう!

仙台七夕祭り
仙台七夕祭りは日本三大七夕祭りとして知られるお祭りです。

毎年たくさんの方が訪れるこのお祭りを楽しむために2016年の日程を確認しておきましょう。

また、仙台七夕祭りを存分に楽しむために、どんな起源があるのかを知っておけばその魅力を満喫することができますよ。



仙台七夕祭り2016の日程は?

仙台七夕祭り2016の日程は、毎年8月5日に前夜祭である仙台七夕花火祭が行われ、8月6日〜8月8日の3日間開催されます。

 

豪華絢爛な七夕飾りで彩られた仙台駅前の商店街、アーケード街は一見の価値ありですね。

 

七夕飾りは野球、サッカー、バスケなどの球団、アーケード街に入る地元企業や大手企業、地元の学校や団体のものなどそれぞれ工夫が凝らされ、個性が光ります。

 
また、期間中仙台市内は七夕一色となり、小さな商店街やショッピングモール、個人宅など様々な場所で見かけることができるでしょう。

 

中心街だけでなく喧騒を離れた場所の散策をしてみるのも楽しいですよ。

仙台七夕祭りの起源ってなに?

仙台七夕祭りはもともと年中行事として行われていた七夕を仙台藩祖伊達政宗が婦女子の為に推奨し普及したものといわれています。

 

このころには記録や歌が残っていますが、それ以前については詳細不明とされています。
それでも伊達政宗ですから戦国時代の記録や歌があるということですね。

現在のような商店街を中心に行われるようになったのは昭和に入ってからのことです。

 

第一次世界大戦、第二次世界大戦で一時は衰退し、失われかけた文化でしたが、戦後商人たちを中心にかつてのような姿を取り戻そうと七夕飾りが復活を遂げました。

 

仙台七夕祭りはそうした苦難を乗り越えて受け継がれてきた伝統ある祭りであるからこそ魅力的なものといえます。

 

願いや祈りが込められているからこそ、儚くも美しい夏の夢を見せてくれます。
会場では短冊を飾ることもできるので、みなさんも短冊に願いをのせてみてはいかがでしょうか。

仙台七夕祭りの魅力ってどんなところ?

東北三大祭りといわれる仙台七夕祭りには、県内外から多くの人々が訪れます。

 

例年勾当台公園を会場にイベントや出店で盛り上がり、出店では仙台や宮城、東北グルメが手軽に楽しめるのも魅力です。

 

今年は8月6日が土曜日にあたることや北海道新幹線の開業で例年以上に人々が訪れることが予想されています。
北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?

 

また東北とはいえ真夏は非常に暑いです。

 

宿泊施設の確保や休憩場所を見つけておくなど事前の準備をしておくと、より一層仙台七夕祭りを楽しむことができるでしょうね。

 

まとめ

仙台七夕祭りは例年大変盛り上がるお祭りです。
今年は北海道新幹線の開業もあり、例年以上の賑わいを魅せることになると思いますよ。

まだあの雰囲気を味わっていない方は今年の仙台七夕祭りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

Menu

HOME

TOP