レンタカーにチャイルドシートは義務?違反罰金や免除ケースはある?

レンタカーとチャイルドシートの関係

新生児がいる家庭では車を運転するときにチャイルドシートが必要ですが、「レンタカーを借りる時にもやっぱり必要なの?」なんて疑問浮かんだりしますよね。

ここではレンタカーとチャイルドシートのことについて紹介していきますね。




レンタカーにチャイルドシートは義務か?

レンタカーにお子さんを乗せるときにはチャイルドシートが必要です。
もちろん義務ですよ。

 

チャイルドシートの着用義務は生まれてから6歳になるまでとされていますが、これはレンタカーであっても同じです。
安全のためにもこのルールを守ることは怠らないようにしたいですね。

 

レンタカーを借りるということは普段利用してない車種を運転することがあるでしょうし、それに加えて知らない土地を運転することになりますから、事故が起きやすいです。
それに小さいお子さんがいると運転に集中していても子供を気にかけなければならなくなります。

そのリスクを少しでも下げるためにもレンタカーを借りるときはきちんと申告しておきましょうね。

 

もしレンタカーでチャイルドシートをしなかったら違反や罰金はある?

「自家用車にはチャイルドシートがあるけど、1日のレンタカーだからチャイルドシートはいいか」なんて言う人はもれなく違反のレッテルが貼られます。

 

チャイルドシートをつけてないと道路交通法違反になり、1点減点となります。

2016年2月現在では罰金は取られませんが、今後制度が変わることもありえますし、子供のことを考えるならお金はかかっても安全を重視しましょうね。

 

ちなみにバスやタクシーに乗った時にはチャイルドシートは必須ではありません。
実はチャイルドシートの使用が免除されるケースもあるのです。

チャイルドシートの使用が免除されるケース

チャイルドシートの使用が免除されるケースがあるのですが、それは以下の場合です。

 

1.座席にチャイルドシートが固定できない場合
2.乗車人数が多くチャイルドシートを利用すると乗ることが出来ない場合
3.幼児が怪我をしているなどの理由で健康に影響が出る場合
4.極度の肥満や身体の状態により使用できない場合
5.バスやタクシーなどに乗る場合
6.医療機関などへ緊急搬送する場合
7.適切にシートベルトを装着できる座高を有する幼児の場合

 

これらの場合は免除となりますが、レンタカーを借りる場合は安全性を考えてチャイルドシートはしておきましょう。

 

まとめ

レンタカーであってもチャイルドシートは義務です。
違反すると罰金はありませんが点数を減点されますのでご注意を。

チャイルドシートには免除される条件もありますが、安全のことを考えるならレンタカーの場合は装着しておきましょうね。
沖縄旅行でチャイルドシート付きレンタカーを借りるならこの店舗!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

沖縄のタイムズカーレンタルは那覇空港に最も近い約3分の場所!
Jネットレンタカー沖縄はリニューアルして口コミ評価も上々!
ニッポンレンタカー那覇空港は赤ちゃんや車いすの方におすすめ!
レンタカーの乗り捨てとは?料金比較してみた!
ククルレンタカー沖縄は個性的で評判が高く口コミもイイ感じ!
友達の車を借りる人必見!保険が一日500円からOK!
レンタカーにスタッドレスは標準装備されてるの?
沖縄那覇空港のオリックスレンタカーの特徴は待たせない!
フジレンタカー那覇空港は沖縄で歴史と実績のある老舗No.1!
沖縄那覇空港のレンタカー比較|トヨタは抜群の安定感!
ダイドーレンタカー那覇営業所は燃費の低い軽自動車保有数沖縄NO.1!
沖縄那覇空港レンタカーの選び方!10社比較一覧でおすすめを見つけろ!
日産レンタカー那覇空港はトラブルに強くて安心して旅行できる!
トラベルレンタカー那覇空港店の特徴や基本情報と口コミ!

Menu

HOME

TOP