北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?

北海道新幹線グランクラスの料金は?

2016年3月26日開業の北海道新幹線の料金についてです。

新幹線のファーストクラスと言われるグランクラスとグリーン車、普通車指定席との料金比較。

また、グランクラス受けられるサービスとはどのようなものなのかをこちらで紹介していきますね。



北海道新幹線グランクラスの料金について

北海道新幹線のグランクラスの料金について書いていきますが、当然ながら料金はどの区間乗車するかで違ってきます。
そこで、東京~新函館北斗間の片道料金を参考までに紹介していきますね。

 

ちなみに東京~新青森間までは東北新幹線、新青森~新函館北斗間を北海道新幹線と呼びますよ。

 

さて、料金についてですが、東京~函館北斗間をグランクラスで利用すると通常期の価格は38,280円となります。

グリーン車が30,060円、普通車指定席が22,690円となっていますから、やはりそれなりの価格がしますね。

さすがファーストクラスです。

 

ちなみに、東京羽田~函館間で飛行機にのるとLCCのエコノミーで通常価格20,190円となります。
ANAやJALになると1万円弱値が上がりますよ。

 

北海道新幹線は東京~新函館北斗間を約4時間で走りますが、飛行機の場合東京羽田~函館間を1時間20分で飛びます。

 

時間と料金を考えると意外にも飛行機の方がお得なのですね。

空港に向かうまでの所要時間などを考えると一概には言えませんが、飛行機のすごさを感じます。

 

ですが、出発地と目的地の景色しか見られない飛行機とは違い、新幹線には移り行く街並みを見ることができます。
この移動中の風景を楽しめるのは新幹線の特権だと思いますね。

 

何よりもグランクラスなら最高のサービスを存分に受けられるのですから、満足度で言ったら飛行機のビジネスクラスと同等でしょう。

北海道新幹線のグランクラスではどんなサービスを受けられるのか簡単に次で紹介していきますね。

北海道新幹線グランクラスではどんなサービスを受けられる?

北海道新幹線グランクラスでは専任アテンダントサービスを受けることができます。

 

専任アテンダントではアテンダントコールを通じて乗客の要望に対応してくれて、軽食やソフトドリンクを提供してくれます。

アメニティーも充実しており、ブランケットとスリッパはもちろんのこと、アイマスクや靴ベラ、新聞や雑誌なども用意してくれます。
飛行機で言うところのビジネスクラスに相当するサービスとイメージするといいかもしれませんね。

 

優雅なひと時を過ごしたいなら新幹線のグランクラスの方がゆったりとすることができると思います。

 

もちろんシートもゆったりすることができる機能がたくさんついていますよ。

 

E5系のグランクラスのシートはベンツやJALのファーストクラス座席などのシート開発の実績があるレカロ社のものなので座り心地も抜群です。
一度は体験したいものですね。

 

まとめ

北海道新幹線グランクラスの料金は通常期の価格は38,280円となっています。

ゆったりと優雅な旅をしたい方は飛行機ではなく北海道新幹線を利用するのもいいかもしれません。

飛行機が怖いんだけどどうしたら克服できる?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?
タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?
飛行機にベビーカーの持ち込みは可能?追加料金は必要?
冬の運転は準備が肝心!注意点と雪道装備が間に合わなかった時の対処法
飛行機が怖いんだけど安全?薬で対策できたり克服方法はある?
飛行機の座席のメリット・デメリット!子連れにおすすめの選び方!
雪道の運転テクニック!速度はどのくらいで走ったらいいの?
雨の日のお出かけドライブを快適にするおすすめグッズ4選!
車の寿命は何年?パーツ別にみる状態の変化を知ろう!
車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?
成田空港に飛行機を洗う自動洗浄機があった?
飛行機に液体は持ち込める?食べ物はやスプレーはOK?
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?

Menu

HOME

TOP