飛行機に液体は持ち込める?食べ物はやスプレーはOK?

機内持ち込みについて

飛行機内で何時間もフライトしていると女性の方はお肌が気になって、化粧水をつけたくなることもあると思います。

しかし、飛行機内に化粧水のような液体は持ち込めるのでしょうか?
そもそも飲み物や食べ物は持ち込めるのか?

そんな疑問を今回は解決していきます。




飛行機に液体は持ち込めるのか?

飛行機に乗るときに意外な液体で検査に引っ掛かってしまうことがあります。
まずは国内線に持ち込めない液体を確認してみましょう。

 

国内線では500g以上の化粧品は持ち込めませんし、また、預けることもできません。
育毛剤や除毛剤にも特別な制限がかかっていて、商品によっては持ち込めないものがありますので注意が必要です。

 

またアルコールも70%超のものは持ち込めません。
高アルコールのものを飲みたい時は現地で摂取するようにしましょうね。

他にも塩素系や混ぜることを禁止された洗剤なども持ち込めないなど注意が必要です。

 

そして国際線では100mml以下の容器に入れることと液体物は全て透明のプラスチック制の袋に入れなければ持ち込めません。
ヘアワックスなども対象なので注意しましょうね。

 

国内線と国際線では液体制限が違います。

 

航空会社によって違うこともありますが、国内線よりも国際線の方が制限が厳しいですね。

 

持ち込みに制限が必要な荷物はいくつかありますから、飛行機に乗る前にしっかりと確認しておきましょうね。

 

詳しくは航空会社のホームページで確認した方が、細かく調べますので、そちらを参考にしたほうがいいですね。

>>JAL公式サイトへ飛ぶ

 

飛行機に食べ物は持ち込めるのか?

空港で購入したお弁当やお菓子を機内でたべたい人もいるのではないでしょうか?

 

まずANAなど一般航空会社、ピーチなどLCCは空港で買った食べ物を国内線なら持ち込むことができますが、国際線の場合液体と判断されると持ち込めないときがあります。

 

ちなみに保安検査を過ぎてもゲートラウンジで食べ物を購入出来ますよ。
ですので、荷物検査でいちいち食べ物を取り出したくない場合はゲートラウンジで買うようにしましょう。

 

また匂いの強い食べ物は機内にこもりやすく他の乗客の迷惑になるので気をつけましょうね。

 

飛行機にスプレー缶は持ち込めるのか?

基本的にはスプレー缶は全面持ち込み禁止ですが、スキンクリームやヘアスプレーは手荷物で預けることになります。

 

また手荷物として預けられるものにも機内持ち込み禁止のものが多いので各方自分の航空会社を確認しましょう。

 

もし禁止物に引っかかってしまった場合旅先から帰ってくるまでその空港に預けておくこともできます。

 

でも缶タイプの物で化粧品など日用品なら見逃してくれる場合がありますよ。

 

検査要項をよく読むのが大事ですが持ち込めない可能性もあるので不安なら現地調達が一番安心でしょうね。

 

まとめ

飛行機に持ち込むものにはいろんな制限がありますから、旅行するときは荷物は少なめ、身軽な方がいいですね。

最低限必要なものを用意して、場合よっては現地で購入するという選択肢をもっておくと余計な荷物を持たなくなりますよ。
メンズジョガーパンツで長距離の移動はオシャレで楽に過ごそう!

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

車の寿命は何年?パーツ別にみる状態の変化を知ろう!
車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?
飛行機が怖いんだけど安全?薬で対策できたり克服方法はある?
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?
北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?
冬の運転は準備が肝心!注意点と雪道装備が間に合わなかった時の対処法
飛行機にベビーカーの持ち込みは可能?追加料金は必要?
飛行機の座席のメリット・デメリット!子連れにおすすめの選び方!
国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?
雨の日のお出かけドライブを快適にするおすすめグッズ4選!
雪道の運転テクニック!速度はどのくらいで走ったらいいの?
成田空港に飛行機を洗う自動洗浄機があった?
タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?

Menu

HOME

TOP