飛行機が怖いんだけど安全?薬で対策できたり克服方法はある?

飛行機が怖い

飛行機に始めて乗る方は墜落してしまうのではないかと怖い気持ちがあるかもしれません。

飛行機の安全性はどうなのか?
対策方法や克服方法はどんなものがあるのか?

こちらで確認してみてください。



飛行機が怖いけど安全な乗り物なの?

前提として飛行機は安全な乗り物です。

よく鉄の塊がなぜ空を飛んでいるのかわからない、とおっしゃられる方がいますが、飛行機は翼でベルヌーイの定理というものにより揚力を発生させ浮く力を得ていますので、その揚力によって重力を相殺しているから浮くことができるのですよ。

 

また「あんな鉄の塊が」という部分ですが、飛行機は見かけの割に非常に軽くできているのですよ。
その重量の比率は仮に同じ大きさの紙飛行機があった場合、ほぼ同じくらいの重さになります。

 

飛行機は金属製で頑丈そうですが、巨大な紙飛行機のようなものと考えてもいいかもしれません。
そう考えると少し怖い気もしますね。笑

けれども、飛行機に乗った時に墜落する確率は0.0009%とい言われています。

 

これは宝くじの一等賞にあたるか当たらないかとどっこいどっこいの数字で、なんらかの自動車事故に合う確率が0.8%であることを考えても、非常に低い確率であるといえます。

 

飛行機が墜落する心配をするくらいなら、日常で車の運転中に事故に合う心配をするべきでしょう。

 

そんなレベルの話なのですよ。

 

飛行機が怖いのは薬で対策できるの?

飛行機に対する恐怖心は薬では対策できないのかなと思います。精神安定剤などがあれば、いいのかもしれませんが、飛行機を乗ることに対しては薬で方法より別の方法がいいでしょう。

飛行機に対する恐怖は薬で克服するよりも、原理原則を知ってなぜ飛ぶのか、どうやって飛んでいるのかといった定理やメカニズムを知った方が安心できると思います。

 

またパイロットは非常に厳しい訓練、試験を乗り越え、操縦士の免許を取得した後も技量と知識を磨く日々を送っていますし、操縦士はいかなるトラブルや故障にも対応できるよう厳しく訓練されていますので、不安がることはないと思います。

 
パイロットは非常事態の時のために機長と副機長の2人がいますし、トラブル対策は万全になっていますよ。

 

安心感をどうやって持つかを考えるのが一番の薬かもしれませんね。

飛行機が怖いときの対策は?

それでも飛行機がまだ信用ならない、乗っていると不安だという方は機内ミュージックで緊張をほぐしたり、フライトアテンダントさんの笑顔を見たりしてリラックスを心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

また飛行中は酸素が薄くなり眠くなるものですので、目的地到着まで寝てしまうというのも有効な手であると思います。
アイマスクや耳栓を持って行って音と光を遮断してしまえばかなり眠くなると思いますよ。

 

機内に備え付けられている雑誌を読んだり、窓から見える空からの景色を楽しんだりして快適に過ごすことを心掛ければ、案外すぐ目的地についてしまうかもしれませんよ。

 

まとめ

飛行機は安全な乗り物です。

パイロットのことを信頼して、自分はリラックスすることを心がけるようにしましょうね。
そうすれば少しは安心感を持つことができるのではないでしょうか。

飛行機に液体は持ち込める?食べ物やスプレーは大丈夫?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

関連記事

車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?
雨の日のお出かけドライブを快適にするおすすめグッズ4選!
飛行機にベビーカーの持ち込みは可能?追加料金は必要?
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?
雪道の運転テクニック!速度はどのくらいで走ったらいいの?
北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?
タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?
車の寿命は何年?パーツ別にみる状態の変化を知ろう!
冬の運転は準備が肝心!注意点と雪道装備が間に合わなかった時の対処法
国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?
飛行機に液体は持ち込める?食べ物はやスプレーはOK?
飛行機の座席のメリット・デメリット!子連れにおすすめの選び方!
成田空港に飛行機を洗う自動洗浄機があった?

Menu

HOME

TOP