日焼けした皮はむいてもいいの?肌ケア方法や流行の日焼け対策をチェック!

日焼け
旅行で海に出かけたり、BBQなどのアウトドアをすると日焼けしてしまうことがありますよね。

日焼けした後、まだらに皮がむけてくることがありますが、この時に自分で皮をむきたくなりますが、勝手にむいてもいいものなのでしょうか。

日焼けして皮がむけ始めた時の対応とその後のお肌のケア方法など日焼けについて対策を考えてみましょう。



日焼けした後に皮をむいてもいいの?

日焼けした後に腕や肩、背中の皮がまだらにめくれてくることがありますが、そのままにしているとなんだかかゆい感じがします。

なので、自分からむいてしまおうと思っている方もいるかもしれません。

 

けれども、日焼けした後に皮がむけ始めたからといって自分からむきにいくのは良くありません。

日焼けによる皮むけは無理にむくとシミなどお肌を痛める原因になります。

 

日焼けによる影響が出るのは今ではなく、数ヶ月後、数年後にシミなどになってお肌に影響が出てくるのですね。

なので、無理にはむかずそのままにして自然にはがれていくのを待つようにしましょう。

 

参考:日焼け後の皮むけ…無理にむいちゃダメ?! 無理にムクのは絶対にNGな理由と日焼け後の肌ケアのポイント

 

日焼けして皮がむけたあとの肌ケア方法

日焼けして皮がむけたら自然にむけていくのを待つのですが、そのままの状態で何もしないのもあまりよくありません。

日焼けしてむけた肌は乾燥しているのでボディクリームや乳液などでしっかりと保湿ケアすることが大切になります。

 

日焼けして肌が黒くなってくると美白ケアをしたくなりますが、すぐに行ってしまうと逆に刺激になってしまうのであまりよくありません。

ですので、美白ケアは肌が健康な状態に戻ってからするようにしましょう。

 

皮がむけはじめたらまずは保湿する。そして自然にはがれ落ちるのを待つのが正しいケアとされているのですね。

くれぐれも自分で皮をむかないようにしましょう。



必要以上に日焼けをしないことが大切

屋外で過ごすことがあって、太陽の下にいる時間が長ければ、それだけ日焼けしてしまうリスクは高まります。

ですので、ある程度の日焼けをしてしまうのは仕方がないことですが、皮がむけるというのは何も対策をしていないから起きてしまうことであるとも言えるのですね。

 

日焼けした後に皮がむけるのが嫌であるのなら、しっかりと日焼け対策を事前にしておくことが大切になります。

例えば日焼け止めを塗るというのでもいいですし、長袖のシャツや長ズボンを履くというのでもいいですね。

 

長時間日に焼ける状況に自分の肌を持って行かない、あるいはその状況でも大丈夫という方法をしっかりして、必要以上に日焼けをしないようにしてみましょう。

 

そうすれば、皮がむけて気になったり、将来シミになるというリスクも避けられますよ。

 

最近の日焼け止めはクリームではない?

日焼け止めの方法としてはクリームを塗って対策するというのが一般的なイメージだと思います。

CMでアイドルや女優の方が日焼け止めの宣伝をしているイメージもあるでしょう。

 

ですが、最近の日焼け止め事情としては塗るのではなく、飲むのが流行っているのはご存じでしょうか。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めと比べると、肌を直接ケアするということがないので、効いていないような感じもしますが、実際は肌にクリームを塗るのと日焼け止めサプリを飲むのとでは同等の対策をすることができるのですよ。

 

むしろ日焼け止めクリームを塗る場合はムラができてしまうので、部分的に日焼けしてしまうという失敗もあります。

けれども、飲む日焼け止めの場合は、身体の内部から効果をもたらしてくれるので、ムラはなくなるのですね。

 

塗る手間も省けるので、日焼け止めは塗るよりも飲んだ方がいい時代には来ていると言っても過言ではないでしょう。

なぜ飲むだけで日焼け対策ができるのかについては実際に商品を確認した方がわかりやすいと思いますので、ご覧になってみてください。

 

>>新世代オールインワン日焼け対策サプリ【REBLANCOAT】公式サイトはコチラ

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP