バサースト湾の地図と行き方を確認してオーストラリア旅行しよう!

バサースト湾は世界自然遺産の一つとされているオーストラリアのタスマニア原生地帯があるタスマニア島に位置する湾です。

「独自の進化を遂げた動物や太古の自然が残る島」として人気の観光地タスマニアにあるバサースト湾は赤い海が有名ですよね。

地図で場所を確認して、行き方も確認してみましょう。



バサースト湾の地図

バサースト湾はオーストラリア大陸の少し下に位置するタスマニア島の南西部に位置する湾です。

さざ波ひとつない穏やかな海と言われるバサースト湾ですが、植物や独特の地形により赤い海が存在するというまさに太古の自然が残された海となっているのですね。

 

そんなバサースト湾の位置を地図で確認すると以下のようになります。

座標は南緯43度20分30秒、東経146度10分30秒となっているので日本の千島列島のほぼ真南に位置するとなりますね。

 

日本と何らかの関係性があると親近感がわきますから、タスマニア島に行ってみたくなります。

 

バサースト湾への行き方

バサースト湾に行けば世にも珍しい赤い海を目にすることができますが、バサースト湾にはどのように行けばいいのでしょうか。

そもそも、タスマニア島自体なかなかマニアックな土地ですので、どうやって行くのかわからないですよね。

 

そこで行き方について調べてみたのですが、バサースト湾へのアクセスは個人では非常に困難のようです。

参考元:世界で唯一の赤く燃える海がオーストラリアにあった!深海魚の宝庫『バサースト湾』

 

参考元を確認してみると、ツアーに参加するのが一般的で、ツアーの多くはタスマニア州の州都ホバートから飛行機をチャーターして行くようです。

また、日本からホバートに行く直行便はないようなので、一旦シドニーやメルボルンなどを経由して国内線で移動しなければなりませんね。

 

ホバートからバサースト湾入口のメラルーカへ行ってそこから観光する1日ツアーに行くのがポピュラーだそうです。

赤い海を見るためにはそれなりの手順を踏まないといけないのですね。
だからこそ見たときの感動は言葉にできないということもありますけど。

 

興味を持っている方は旅行会社で確認してみるといいですね。

まぁ日本にも赤潮の影響で瀬戸内海が赤くなったりしてますけど。笑

 

>>海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP