花見の寒さ対策!ポイントは服とカイロとシート選びにあり!

日本人は花見好きで、特に桜の花が綺麗な3月4月はニュースでも取り上げられるくらい場所によっては規制がされていることもあります。

花見に抵抗があっても実際にその場にいてみるといいものだったりしますが、意外と3月4月の時期は寒いですよね。

花が咲いているということで暖かいイメージがありますが、花見をするなら寒さ対策をしっかりしておく必要があります。

そこで、花見の寒さ対策について紹介していきますので参考にしてくださいね。



花見の寒さ対策!

花見シーズンの寒さ対策ですが、大きく3つのポイントが挙げられますので、その点に絞って紹介していきます。

 

花見の寒さ対策1:服装

花見の寒さ対策に限らず寒さを凌ぐには服装選びが大切ですね。
花見の時の寒さ対策ですが、ポイントは中ではなく外にあるということでしょうか。

どういうことかというと、花見の時はヒートテックなど下着で防寒対策するのではなく、厚手の上着を用意するなどすぐに着たり脱いだりをすることができるような防寒対策をするようにしましょう。

 

花見をする時間帯にもよりますが、春らしく昼頃は太陽が出て暖かいですので意外と薄着でも大丈夫ですが、夕方から夜になるとまだまだ寒い時期ですので、羽織るものは用意しておきましょう。

花見をする場所などにもよりますので一概には言えませんが、天気予報をしっかりとチェックしてどんな上着を用意すればいいか準備しておきましょう。

 

花見の寒さ対策2:カイロ

花見の寒さ対策として必ずではないですが、用意しておきたいのはカイロですね。

カイロのタイプは貼るものだったり貼らないものだったりいくつかありますが、おすすめはミニタイプのものです。

カイロは体を温めてくれるので寒くなったら使うというイメージを持っている人が多いようですが、おすすめの使い方としては大きな血管が通っている部分を温める方法で、足先が冷える方であればくるぶしの上の部分にピンポイントで温めるようにしたりするといいですよ。

 

ですので、大きなカイロを用意する必要はなく、気になる冷えの部分に対して温めるような工夫をすれば寒さ対策ができます。

血流を温めてよくするというイメージでカイロを使ってみましょう。

 

花見の寒さ対策3:シート

花見の寒さ対策特有のものとして注目して欲しいのはシートです。

服やカイロは花見に限った防寒対策ではないので、思いつく方がほとんどだと思いますが、そんな中で忘れがちなのがシートなのですね。

花見をするということはシートを敷いて地面の上に座るということですが、地面は天気の影響を受けやすいので、前日に雨が降っていたり、日陰になったりするとかなり冷たくなってしまいます。

この文章を読んでそういったシートが冷たい経験を思い出した人もいるのではないでしょうか。

 

ブルーシートやビニールシートを敷くと思いますが、その上にウレタンマットのような防寒シートを敷くだけでもかなりの寒さ対策になります。

また、ウレタンマットの効果として地面のデコボコを和らげることもできますので、お尻が痛いなどの悩みも解消してくれますよ。

 

価格は1,000円もしないですし、お金の負担もそこまでありません。

個人的におすすめしているものは2,000円弱しているのですが、自分だけでなく周りの人も数名ならシェアすることができるので気が利く人になれますよ。

 

以上の3点を守れば花見の寒さ対策の基本は抑えられるでしょう。
寒さ対策をしてお花見を楽しんでくださいね。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP