雪道の運転テクニック!速度はどのくらいで走ったらいいの?

雪道の運転は普段雪の降る地方に住んで慣れている人でも事故を起こしてしまうことがありますので、雪に縁のない地域に住んでいる方はかなり注意して運転しなければなりません。

そこで、雪道でも安全に運転できるように基本的テクニックをこちらで紹介したいと思います。

また、どのくらいの速度で走ったらいいのかという疑問についても書いていきますので、雪道を運転する予定がある人は事前に確認しておきましょう。



雪道の運転テクニック

雪道の運転テクニックについてですが、裏技のようなテクニックはありません。
大切なことは「雪道を運転するモードに切り替える」ということです。

 

雪が積もっていたり、凍結したりしていると通常感覚で運転していると予定したところで止まれなかったり、曲がれなかったりしますので、いつもどおりの運転をするのは控えたほうがいいでしょう。

 

テクニックとしては「ゆっくりと」「ゆるやかに」運転するということが大切です。

急加速に注意しながら、クリープ現象をうまく利用してタイヤが空回りしないように加速していきましょう。

 

また、雪道の運転では自分の運転テクニックだけでなく、周りの車との関係も重要になってきます。

車間距離が近いと追突してしまう可能性も雪道では高くなってしまうので、十分な距離を確保しておきましょう。

 

特に注意して欲しい点としては下り坂を挙げておきます。

雪道の場合、フットブレーキだけに頼っているとタイヤがロックされてしまう危険性があり、ブレーキが効かないということが起きてしまうことがありますよ。

下り坂の場合はフットブレーキだけでなくエンジンブレーキも併用して運転すると事故を起こす確率を減らすことができます。

 

フットブレーキだけに頼らずに減速できるように心がけ、アクセルを強く踏みすぎないで運転できるようなテクニックがあるといいですね。

(参考元:【冬道運転の心構え】 ここを押さえよう 冬道ドライブのコツ-NEXCO中日本

 

雪道での運転速度はどのくらい?

雪道での運転で気をつけなければならない点はいくつかありますが、一番気をつけるべき点は速度だと思います。

速度は周りの車との関係性や運転しているときの天候などに左右されるという面もありますが、それを踏まえたとしても「すぐに止まれるような速度」で運転することが大切です。

 

高速道路や一般道の道路標識や電光掲示板をよくみて速度制限がされていないかをきちんと確認するようにしましょう。

雪が降っているときは速度制限が変わっているということはよくありますので、慣れた道を走っている場合でも、よく周りを確認しながら運転するように気をつける必要がありますよ。

 

雪道の場合に限らず本当の運転テクニックというのは安全運転のことですから、自分のことと周りの環境をよく理解して運転するようにしましょうね。

そうすれば必要以上に怖がる必要はありませんよ。

 

☆こちらの記事もおすすめです!
車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

車の寿命は何年?パーツ別にみる状態の変化を知ろう!
国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?
飛行機が怖いんだけど安全?薬で対策できたり克服方法はある?
車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?
冬の運転は準備が肝心!注意点と雪道装備が間に合わなかった時の対処法
雨の日のお出かけドライブを快適にするおすすめグッズ4選!
タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?
飛行機にベビーカーの持ち込みは可能?追加料金は必要?
飛行機の座席のメリット・デメリット!子連れにおすすめの選び方!
飛行機に液体は持ち込める?食べ物はやスプレーはOK?
成田空港に飛行機を洗う自動洗浄機があった?
北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?

Menu

HOME

TOP