車のタイヤの滑り止め種類は?雪道だとどのくらい滑るの?

冬のレジャーは雪見温泉だったり、スキーやスノボだったり楽しいイベントがたくさんありますが、車で移動するとなると気をつけなければならないのが雪道の運転です。

車のタイヤに滑り止めをする必要がありますがどんな種類があるのかや、雪道ではどのくらい滑るのかなど普段雪の降らない地域に住んでいる方が運転するときに注意すべき点について知っておきましょう。




車のタイヤの滑り止めにはどんな種類がある?

車のタイヤの滑り止めは雪道では必須となっていますが、大きく分けて2つの種類に分けられます。

一つは冬用タイヤ、もう一つはタイヤチェーンです。

 

冬用タイヤはいわゆるスタッドレスタイヤだったり、スノータイヤのことですが、こちらは主に冬の高速道路を走るときに装着しておくべきアイテムになりますよ。

積雪はもちろんのこと、雪が降っていなくても地面が凍結していることがありますので、冬の期間はスタッドレスタイヤを装着しておきましょう。

 

スタッドレスタイヤは大きな凹凸がついているので、雪を踏み固めることができたり、タイヤ表面で氷を引っ掻くことができるため冬の道路でも走ることが出来るのですね。

0℃以下の低温でも硬くなりにくい特殊なゴムを使用しているなど冬の車の運転にはスタッドレスタイヤは欠かせないものとなっています。

 

タイヤチェーンは冬の運転で必ず必要なものではありません。
ただ、積雪路を走るときなど雪道ではスタッドレスタイヤよりも優れています。

山の奥の方に行くなど雪の深い場所に行くときは必ず準備しておきましょう。

 

ただ、タイヤチェーンは積雪路以外では切れてしまうので、長いトンネルを走る時などはこまめに外さないと思わぬ事故を引き起こしてしまう危険もあります。

 

場所や時間帯によっては冬用タイヤ規制やチェーン装着規制をしている場合もありますので、チェーンは必ず用意しておきましょう。

 

車は雪道だとどのくらい滑る?

都会の人や雪の降らない地域に住んでいる人が雪道を走るときは雪道を車で走るということがどんな状態になるのかイメージがあまりつきません。
ですので、簡単な準備だけして渋滞や事故を引き起こしてしまうことがあるのですね。

 

そういったことを引き起こさないためにも雪道や凍結路ではどのくらい車が滑ってしまうのかということを知っておく必要がありますよ。

★NEXCO中日本からワンポイント!
雪道や凍結路はこんなに滑ります!
乾燥した路面と圧雪路面・凍結路面で車の滑りやすさを比べた場合、乾燥した路面に比べ圧雪路面では3.2倍、凍結路面では5.4倍、つるつるの凍結路面では8.0倍も滑りやすいと言われています。


(引用元:【タイヤの知識】 雪への備え!冬用タイヤについて知ろう-NEXCO中日本

 

この引用からもわかるように早すぎるくらいでブレーキを踏むことが大切になってきますよ。

ここではブレーキの効きについて紹介されていますが、カーブだったり、坂道だったりも気をつけて運転する必要があります。

 

急発進や急ブレーキをしなくて済むように安全な速度で慎重に運転することを心がけるようにしましょう。

予定通りに事を運ぶためにも早めに出発したりして、うまくスケジュール調整すると運転にも余裕が生まれるのではないでしょうか。

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

飛行機が怖いんだけど安全?薬で対策できたり克服方法はある?
タクシーとハイヤーの違いは?料金が安くなるアプリがあるって本当?
飛行機の座席のメリット・デメリット!子連れにおすすめの選び方!
国内線は何分前に空港に着けばいい?到着から搭乗までの手続きって?
北海道新幹線グランクラスの料金は?どんなサービスを受けられる?
飛行機にベビーカーの持ち込みは可能?追加料金は必要?
燃油サーチャージは国内線にはないの?お得な航空会社ってどこ?
車の寿命は何年?パーツ別にみる状態の変化を知ろう!
雨の日のお出かけドライブを快適にするおすすめグッズ4選!
雪道の運転テクニック!速度はどのくらいで走ったらいいの?
冬の運転は準備が肝心!注意点と雪道装備が間に合わなかった時の対処法
成田空港に飛行機を洗う自動洗浄機があった?
飛行機に液体は持ち込める?食べ物はやスプレーはOK?

Menu

HOME

TOP