雲海の条件を知って天空の城「越前大野城」を観に行こう!

雲海の条件・天空の城「越前大野城」

日本にはたくさんの観光スポットがありますが、中でも自然に発生する雲海はその珍しさもあって人気が高いですよね。

けれども、雲海は誰もがみることができるものではありません。
そこで、雲海のみられる条件を知って、出会う確率を高めてみましょう。

日本三大天空の城の一つと呼ばれる「越前大野城」を例に挙げて、浮かび上がる幻の天空城をみる条件を確認してみてください。




雲海の条件とは

雲海の条件は明確な基準というものが存在しているわけではないですので、これだと決定づけることはできないのが本音ですが、雲海になりやすい条件というのは存在しています。

 

あまり細かいことを紹介するのではなく、簡単な条件について紹介していきますので、気軽にご覧になっていただければと思いますね。

 

雲海の条件その1:前日は雨、当日は晴天

雲海は毎日見られるわけではありませんし、天空の城が現れるのは年間でも十数回と言われています。

雲海の出る天候条件としては前日に雨が降っていたことがポイントの一つとなります。

これは湿度が高いことが条件なので、必ずしも雨である必要はありませんが、雨が降ったほうが湿度が高くなるので条件としては必要になってきます。

 

また、当日は晴れることできれいな雲海を目の当たりにすることができます。

雲海自体見られない場合もありますので、雲海+天空の城を見るとなると天候はかなり重要なポイントになりますね。

 

雲海の条件その2:10月末~4月上旬の冬季

雲海をみるには空気の澄んだ冬の時期が美しく見ることができます。

最低気温が5度くらいだととても綺麗に見えると言われているので、この時期を狙っていくといいですよ。

 

越前大野城は近くにある犬山の展望台から眺めるのがベストスポットなので、冬の時期は雪の心配も少ない、11月頃や3月中旬の雪がないタイミングを狙うと山にも登りやすく、条件も整っているのでおすすめですね。


雲海の条件その3:日の出前後を狙う

雲海がきれいに見えるのは日の出前後が一番の絶景になります。

夜が明けて、明るくなってきたころに雲海が一番きれいに見えるので、少し早起きをして天気予報などを確認してみましょう。

 

越前大野城の場合は、城を眺めて霧ががっていたら犬山に登ってください。
そうすると、天空の城をこの目に焼き付けることができますよ。

 

細かい条件を上げれば風が少ないなどたくさんあるのですが、最低条件としてはここで紹介した3つの条件は雲海を見るために必要になってくるのではないでしょうか。

 

ただ、最も大事な要素としては「」があげられるでしょう。

 

天気予報はあくまでも予報ですし、突然天候が変わることはどこの地域でもありえます。

たった一日のスケジュールでみようと思えば確率は低くなりますし、近所のホテルで2~3泊しなければ見られないという場合も十分考えられます。

地元の人でもなかなか見られないと言われているのが雲海ですし、天空の城ですから、少しでも予定を長く確保して雲海や天空の城を見られる可能性を高めてくださいね。

 

諦めなかった人に運は転がってきますので、根気強く、粘り強く条件が整う日を待ちましょう。

 

今回例に挙げた福井県の越前大野城は兵庫県の竹田城、岡山県の備前松山城と並んで日本三大「天空の城」と称されています。

北陸にあるお城の中でもここだけは見ておきたいと言われていますので、お城にあまり興味がない方でもこの光景を見られたらきっと幸せな気持ちになるのではないでしょうか。

雲海+お城が見たいと思っている方はおすすめのスポットですよ。

>>越前大野城の情報はコチラから

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP